iMacrosのExtractで色々取得してみよう

Sponserd Link

普段ブラウザ使っている時に、文字をコピーしてGoogle検索をしたりしますよね?iMacrosのExtractを使うと このコピーが出来ます。ちなみに、Extractとは抜き取りや抽出という意味ですね。iMacrosだけだと単なるコピーですが、Javascriptと連携させると話題のスクレイピンが出来ますよ。Extractもブラウザを自動化するために必要な機能ですね。今回はExtractの使い方をご紹介します。

Extractの使い方

では、早速使い方を確認しましょう。Extractは以下のように、TAGコマンドの一部として使用します。TAGコマンドの使い方はこのページ(POSの使い方XPATHの使い方)を見てくださいね。

TAG  POS=n  TYPE=type  ATTR=attr  EXTRACT=ext
TAG  XPATH=”[xpath_expression]”  EXTRACT=ext

この”ext”に決まったパラメータを設定すると、その要素を抽出(Extract)することが出来ますよ。

Extractのパラメーター

パラメーターには以下の7つを設定することが出来ます。色々ありますが、よく使うのはNo.1のTXTとNo.3のHTMです。この他はJapascriptと連携すれば抽出することが出来ます。そちらのほうが応用が効くと思うので、ここではTXTとHTMの二つを使って見ましょう。

No. パラメーター 抽出できる要素
1 TXT 表示されているテキストデータ。ドリップダウンリストの場合は、表示されているテキスト。
2 TXTALL ドロップダウンリストのリスト。
3 HTM タグを含むHTMLの全て。
4 HREF リンクに設定されているURL。
5 ALT imgタグで設定されているalt要素。
6 TITLE タグに設定されているtitle要素。
7 CHECKED チェックボックやラジオボタンの状態。

ExtractでTXTを使う

それではTXTのパラメータを使って、表示されているテキストを抽出して見ましょう。

駅探のサイトの上部に”乗り換え案内、時刻表”のテキストがありますね?このテキストをEXTRACTで抽出してみます。

テキストのタグ確認とテキストの抽出

”乗り換え案内、時刻表”のテキストのタグをFirefoxの開発ツールで確認すると、次のようになっていますね。

<h1>乗り換え案内、時刻表</h1>

このテキストを抽出するためのimacrosプログラムは次のように書けます。

開発ツーツでこのサイトのHTMLを見ると、このh1タグより前にh1タグが使用されていないことが分かります。なので、TAGコマンドで “POS=1” と書けますね。また、属性は特にありませんので “ATTR=*” としましょう。

プログラムを実行すると、次のようなポップアップが表示されます。”Extracted text:” の中に抽出しようとした文字列がありますね。これで抽出が成功していることが分かります。

では抽出(コピー)した文字列を使って見ましょう。普通の使い方だと、コピーしたものはテキストファイルとかに貼り付けたりしますが、ここは簡単に他のコマンドで表示させることにします。

抽出した結果の表示

まず、抽出したデータですが、これはiMacrosの変数である “!Extract” に保存されています。この!ExtractのデータをiMacrosの出力コマンドであるPromptで表示させます。今回の使い方では次のようになります。!ExtractはiMacrosがもともと持っている変数なので、このような変数をiMacrosで扱う場合 “{{ }}” で囲みます。

PROMPT {{!Extract}}

このPromptコマンドを使って、抽出したテキストを表示するiMacrosのプログラムは次のようになります。

これを実行すると、TAGコマンド結果のポップアップの後に、次のようなポップアップが表示されます。これがPromptの結果です。ここに抽出したテキストが表示されていますね。

さて、これでEXTRACTを使って目的のテキストを抽出して、画面に表示させてみました。コピーしたテキストは、例えばGoogle検索に使ったり、どこかに保存したりするなど考えられますが、このあたりは徐々にやっていきましょう。

ExtractでHTMを使う

続いて、ExtractのパラメータにHTMを指定して抽出してみましょう。HTMを指定すると”タグを含む要素を全て”抽出できると説明しましたが、なんだか良くわらないと思うので、まずはやってみましょう。

まず、先ほどは”乗り換え案内、時刻表”のテキストのタグを狙いましたが、今度は分かりやすいように、その二つ上にあるDIVタグを狙って見ましょう。

HTMの抽出と表示

先ほどの作ったプログラムを、このDIVタグを狙ったTAGコマンドに変えて実行してみましょう。(TAGコマンドの確認はこちら

すると、TAGコマンドの結果が以下のように出力されますね。結果が横に並んでいるので分かりにくいですが、これは、狙ったDIVが囲む範囲 (div id=”header_top”>〜</div/)全てを抽出しています。一つ上の図と比べて見てください。

Promptの表示も以下のように、同じようになっていますね。

このようにEXTRACTのパラメータにHTMを設定すると、”タグを含む要素を全て” 抽出(コピー)することが出来ます。

この抽出したHTMは何に使うかというと、通常タグの中に書かれている、例えばclassやid、画像のURLなどを示すsrcの情報はブラウザでは見ることが出来ません。つまり、選択が出来ないので、人間がやっているようなマウスで選択してコピーということが出来ないのです。でも、このHTMを使えば、例えば抽出した結果から画像のURLだけをさらに抽出するといったことができるようになります。このような方法はJavascriptと連携出来るからこそ可能になるのです。これがiMacrosをFirefoxで使ういいところの一つですね。

 

少し長くなりましたが、以上がiMacrosでExtractを使って要素を抽出(コピー)する方法です。このコピーができるようになると、ブラウザ操作へ色々と応用が出来るので、是非習得してくださいね!

iMacrosでFirefoxを自動操作する方法はこちらから!

Sponserd Link


2 件のコメント

  • 初めまして!imacrosについて書かれているサイトが少なく、あっても説明が分りづらいサイトがばかりでしたので、今回こちらのサイト見つけて本当に助かりました。
    imacros便利ですよね、日々の作業の自動化が好きで色々試しているのですが、なかなかうまくいかないこともあるので、、。
    今後も更新楽しみにしています!

    • コメントありがとうございます!
      私も初めはiMacrosを使うことに苦労していました。
      色々な方が日々の作業から解放されたらいいなと思ってこのサイトを開設しています。
      更新楽しみにしていてくださいね!

  • hukoko967 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です